アルコールジェル

最終更新: 2020年4月16日

最近、コロナウィルス感染者がとても増えてきましたね。

世界中の感染者数、死者数から見てもとてもじゃないですけど軽視できない状況ですよね。

皆さん、対策は色々とされていると思いますが

今日はその中でもアルコールジェルについて書いていきたいと思います。


一般的にアルコールジェルや、アルコール除菌などと表記されて販売されているものを多く見かけますが、、、、私も何も知らない時は「 アルコール 」と表記されているだけで飛びついて購入していました。しかし、70%以上がとても効果的と知りそれからは調べて購入するようになりました。


厚生労働省のホームページより


これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。 このうち、4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。 コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀です。また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html


当店でも、私のとっても信頼のおける取引先様から71%のアルコールジェルの案内を頂き

お取り扱いさせて頂く事になりました。



内容:180ml 外部の環境から手指を保護します。水を使わない速乾性! (10〜15秒間手指をこすり合わせてください)



¥2,980



アルコール濃度が高いのに、アルコール臭くなく、使用感は肌荒れを起こしやすいという方からも良い評価を頂いてます。少量で伸びが良いのも特徴的だと思います。


逆に高濃度過ぎるアルコールは揮発性が高く10秒も経たないうちに乾いてしまうので

効果的ではありません。

アルコール濃度70%で10秒〜15秒間、濡れた状態でウィルスの感染性が損なわれるので

しっかり手指にすり込みそして乾燥させましょう。




11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

マスクによるシミ対策

サロンワークをしながら、お客様とお話しするのが大好きな私♬ お客様は、幼い子供様から学生様、OL様、主婦、お祖母様・・どので大の方々からも 私の知らない情報を教えて貰えて凄く、楽しい。 こちらかの発信で意外と知られていないんだな〜 というのが、マスクの接触によって出来るシミ。 いつもお顔の同じ箇所がマスクによって接触して、刺激を受け肌を守ろうとしてメラニンが増えちゃうというのは 美容サイトなどでも

マスクかぶれ

もう、マスク生活もすっかり慣れましたね。 そして、マスクのお陰で守れらている身体・・・でもお肌が荒れてしまって困っている方のお声もたくさん聞きます。 私は美容師でフロアに出てから営業が終わって家に帰るまで、お口に物が入る時以外マスクをつけっ放しなので マスクでお肌が痛くなります。ヒリヒリと・・・ 看護師さん、お医者さん、介護の方、飲食関係、歯医者さん、学校の先生、保母さん・・・ その他、まだまだ本

  • Facebook
  • Instagram

Copyright © 2019 TAO All Rights Reserved.